女性 性病 腟カンジダ症

彼女の臭いで性病が発覚!腟カンジダ症とは

以前交際していた彼女と性交する際、前戯中に彼女の性器から異常と思える臭いが発せられていました。シャワーを浴びた直後でも、臭いを発していたので、少し変だなと思っていました。

 

私も数人の女性との性交歴はありましたので、その臭いが正常なものではないということは、気付いていました。恐らく、何かの性病なのではないかと思ったのです。

 

当時は、交際を始めてそう長くは無かったので、私もなかなか言い出せずに、我慢していたのが正直なところでした。

 

交際を始めて4ヶ月ほど経った頃、意を決して彼女に臭いのことを打ち明けることを決めたのです。交際が上手くいかなくても良い、まだ彼女は20代前半と若いので、彼女が病院で診察を受けて、治療することが、一番大切なことなのではないかと思ったのです。

 

私は、「自分も一緒に行って上げるから、産婦人科で診察してもらおう」と、彼女を病院へ誘いました。彼女も何となく分かってはいたようですが、あまり気にならなかったらしく、私の言葉で病院で診察を受ける覚悟が出来たとのことでした。

 

病院で、彼女が診察を受けている間、「もしも彼女が性病にかかっていたら、恐らく彼女は交際を続けない気持ちだろうな」と思っていました。
それで良いと私は思ったのです。病気を治して、新しい男性と交際した方が、自信を持って楽しめるだろうと考えたのです。

 

診察室を出てきた彼女は、やや落ち込んだ様子でした。
やはり性病だったとのことで、「膣カンジタ」だったそうです。

 

先生からは「治療することで治りますから、心配しないで」と励ましの言葉をもらったようでした。カッティングチーズや酒粕のようなおりものが特長とのことで、私も当てはまると思いました。

 

彼女は、しっかりと治療すると言ってくれました。
また、病院に一緒に来てくれてありがとうとの言葉もくれました。

 

彼女と会うのは、残念ながらその日が最後になりました。彼女が治療してくれて新しい男性と交際できればと思い、少しは彼女の役にたてたかなと明るい気持ちになれました。