口 性病 感染

性病は口からでも感染するので注意が必要

性病というと、生でエッチをしなければ移らないというイメージが強いですよね。
実際はフェラでも移ってしまうケースがあるので、ゴムをしてエッチをしたから大丈夫っていう認識は甘いです。

 

性病が移る危険性が高い時っていうのは、まず自分の体調が悪く、免疫力が不十分な時です。
ものすごく低確率ですが免疫力の低い老人だと銭湯のように不特定多数が利用するお風呂で移ったりする可能性もあるわけです。

 

次に怪我をしてることです。傷口に性病の菌がはいりそこから感染というのもあります。
これは体調が悪い時や怪我をしてる時は不特定な方とエッチをしなければいいんですが、体調が万全、しかもゴムをしてても移るケースがあります。

 

それが口を利用するフェラからの感染です。大体これは軽い性病に多いです。
淋病やクラミジアなんかがその代表例ですね。

 

女性が菌保有男性にフェラをすると、女性の喉に菌が感染してしまいます。
たとえエッチ時にコンドームを使用しても、性器に感染しなくても喉に移ってしまってるわけです。そして喉に菌を保有してる女性が男性にフェラをすれば、喉から男性器に菌を移してしまうわけです。

 

エッチの時にコンドームをつけても男性に移してしまうわけですし、コンドームをせずにエッチをすれば、女性が性病を移した男性器から自分の性器に移してしまうわけです。
コンドームしてれば大丈夫だよねって思って浮気をしたとしても性病をもらってしまい、本命の相手に性病を移してしまうっていうことが起きてしまうわけです。

 

移ってしまうとさらに修羅場になります。相手に心あたりがなければ自分の浮気がバレテしまいます。しかも性病感染でバレるなんて恥さらしもいいところですよね。
しかも自分だけ性病を治しても、相手にも治してもらわないと性病のキャッチボール状態になってしまい二人一緒に治さないと意味がありません。
きちんと性病にかかった、浮気をしたという報告もしなければなりません。自業自得とはいえ辛いと思います。

 

性病にかかったらどうすべきか?まずはお医者さんに見てもらうことです。
自力ではどうがんばっても治らず、抗生物質を飲まないと聞きません。

 

女性なら産婦人科、男性なら泌尿器科です。
行くと血液検査と尿検査が行われると思いますが、これでどのような性病にかかってるかがわかり、対処してくれます。クラミジアや淋病なら2週間も抗生物質を飲めば完治します。

 

気をつけるのはお医者さんからもう大丈夫といわれるまで薬を飲み続けることです。
薬を飲みだすと症状は一週間以内に治まる(男性だと淋病にかかると排尿時にものすごい痛みがある)んですが、痛みがないからといって菌がすべて死滅してるとは限らないからです。

 

下手に生き残らせてしまうと耐性がついてしまい、下手をすれば抗生物質が効かないスーパー淋菌になってしまう可能性があるので、治す時は完全にする必要があります。

 

とにかく、コンドームをしてるから性病は大丈夫っていう認識は捨てること、移ったら病院にいってきっちり完治させること、この2点には気をつけてください。